「申請書」を書く必要がある

ドローン飛行許可を得るためには申請書を書く必要がある

「事業の概要」を書く必要があるドローン飛行許可は許可を受けようとする営業所所在地を管轄している航空局で申請をします。申請するときには「無人航空機の飛行に関する許可・承認申請書」が必要です。これには飛行の目的、飛行の日時、飛行の経路、飛行の高度、申請事項及び理由などが必要です。他にもドローンの仕様書や飛行する際の計画が必要です。
許可の申請にはかなりたくさんの書類が必要で、申請書を作成して申請をします。ドローン飛行許可は許可が下りて終りではなくて日々の運行管理や研修実績計画の実行なども行う必要があります。ただ、事業の効率化のためには大変利便性の高い許可です。

ドローン飛行許可申請書には正しい内容を

「資本金・従業員数・設立年月日」は正しい内容をドローン飛行許可は法律で定められた空域を飛行させるときに必要で、取得をすると飛行が許可されます。許可の取得では基準が各地の航空局によって定められています。
取得するメリットには許可があれば誰でもドローンを飛行させることが可能になり、許可を取得した期間中だといくらでも使えることや何度も役所に足を運ぶ必要がないことです。
飛行許可を取得するためには申請書が必要です。申請書には記載することが決まっていて全て正しい内容を記載していないと許可が受けられません。 氏名や住所、営業所の所在地、企業の場合は代表者の氏名を正しく記載していないと通らないので要注意です。

ドローン飛行許可に関する情報リンク
最短翌日のドローン飛行許可申請ができる支援センターのサイト
ドローン許可