ドローン飛行許可の節約効果は?

ドローン飛行許可代行申請の節約効果は?

回送運行許可の節約効果は?自動車が公道を走行するためには運転免許を持っている必要があります。所持しているドローンを合法的に飛行させることができるのがドローン飛行許可と呼ばれるものです。飛行許可がない場合には法律で指定された空域でドローンを飛行させることができず、事業における自由度が低くなります。

申請作業を自ら行うことはできますが、それなりの時間と労力が必要です。飛行許可申請の代行が出来れば時間の節約が可能です。

勝手なドローン飛行は法律違反

勝手な回送運行は法律違反道路交通法では公道を自動車が走るときには車検を通しナンバープレートを付けた車輌でなければ走行してはいけないことになっています。同じ様に許可のないドローンを飛行させるためには航空局などの許可を得るドローン飛行許可を取得する必要があります。

許可を得ずにドローンを飛行させたり、航空法に定められた飛行の空域や飛行方法に違反した場合、50万円以下の罰金を科せられる可能性があります。