ドローン飛行許可を得るためには

ドローンを飛行させるためには事前の調整が必要である

回送運行許可を得るためには他人の土地を、管理者の許可無くドローンを飛行させる行為は違法となります。自身の私有地以外でドローンを飛行させる場合には必ず、敷地管理者の許可を得るようにしましょう。

航空局への許可申請書類はインターネットによる電子申請や郵送、もしくは航空局へ持参しての提出ができます。空港等の周辺の空域、地表または水面から150m以上の高さの空域の飛行を行う場合には、各空港事務所への申請も必要となります。

書類作成に関しては、専門の行政書士事務所に相談することも良い方法です。
さらに許可が下りた後も、航空局による巡回監査などに備えて、飛行実績の書類を作成することが望ましいです。

事前知識がなければドローン飛行許可への道のりは遠くなる

誰もが航空局へドローン申請ができるというわけではありません。航空法は当然ですバイクの回送運行を見ないのはが、プライバシー権、肖像権などドローンには様々な法律を知っておく必要があります。

また、安全飛行に関する知識も持っておく必要があるでしょう。列挙すると以下です。
・飛行ルール(飛行の禁止空域、飛行の方法)
・気象に関する知識
・無人航空機の安全機能(フェールセーフ機能 等)
・取扱説明書に記載された日常点検項目
・自動操縦システムを装備している場合には、当該システムの構造及び取扱説
明書に記載された日常点検項目

こういった事前知識がない状態で申請を行うと、せっかく作成し提出した書類が戻ってくるなど、余計な作業がさらに増えてしまう、残念なことになるでしょう。