絶対に欲しい「ドローン飛行許可申請」

ドローン空撮事業者は絶対に欲しい「飛行許可申請」

ドローンを使ったビジネスを行う事業者は、飛行許可申請に頭を悩ませます。飛行許可申請を取る際の時間と労力の点から非常にコストがかかります。飛行許可がない状態ではドローンを飛ばすことは当然できません。
そこで、個人や法人の方についてはドローンの飛行許可を申請します。申請が通ればドローンを飛行させることができます。しかしこの許可は商業ベースで使用すると、申請に手間がかかり過ぎます。
そこで多くの行政書士事務所では、この申請を代行しています。

ドローンの飛行許可を自ら取得しないのは専門家に任せれば解決するから

ドローン飛行許可は事業などでドローンの法定の空域で飛行を行なうときに必要な資格です。航空法で、種類が定められています。

ドローンが便利そうだから、すぐドローンを買って飛行させよう、と思っても、実はそう簡単にはいきません。2015年12月に航空法が改正されたことにより、日本においてドローンを飛行させるためには、飛行前の許可申請が必要となっています。

許可申請ことは、手間暇がかかるだけでなく、法律も絡んできますから一般の方にとっては簡単ではありません。
「ドローンの飛行許可を取得したいけれど、内容や申請手続きがよく分からない」
「法律関係に疎く、自分で書類を作成する自信がない」
「仕事が忙しくて申請にかける時間がない」

手続きに、不慣れのため時間がかかる場合もあります。ドローン飛行許可申請の専門業者に手続きを任せるのが賢明です。